5Gなんてまだまだ普及しない

5Gなんてまだまだ普及しないので4G回線で十分です

最近日本人も5Gで浮かれているみたいですね。
しかし日本で5Gが普及するのはまだまだ先のことです。

 

っていうかかなり遅れるのではないでしょうか。
2020年にソフトバンクのCMで5Gが普及するかのようなイメージを流していますがそれはごくごく一部のエリアで試験的に開始されるだけで未だに家庭用の5Gサービスのプランの話は来ていません。

 

その原因は日本政府、国にあると言えるでしょう。
日本政府は各企業に5Gの補助金は出すが具体的な5G網の進捗については民間企業に投げっぱなしです。

 

そもそも日本が国として5Gがどのようなものでどのような恩恵があるのか?については理解していないと思われます。
大体のことは知っているんでしょうが5Gが一体何であるのかについてはよくわかっていないということが現状であります。

 

中華式なのか?米国式なのか?

5Gには今二種類あって中華式なのか?米国式なのか?という形になっています。
技術的な詳細については避けますが米国式ですとかなりの費用が掛かって5G網を構築するのは不利です。
しかし日本は米国に追従してしまいこの方式を選択しています。

 

そして中華式の5Gは従来の4Gの設備に新しい機器を追加することで比較的簡単に実現してしまうという利点があります。
従来の4Gのネット基地局の設備を使えるので5G網を作る目的を実現するには非常にメリットが高いのです。費用も安く済み合理的な方式は圧倒的に中華式であるということが判明しています。

 

それに驚いた米国の識者はすぐに中華式を採用することを決定して米国も何と中華式の5G網に鞍替えしました。
残ったのは我が国の日本だけです。
日本は米国に追従して梯子を外される形になりました。

 

日本政府は腰が重く、理解度も低く、5Gの重要性もわかっていないので非合理的である米国式の5Gを普及させようとしています。
完全に頭が悪くなってしまった日本人の行く末が案じられます。

 

日本では5Gは普及しずらい

日本で5Gが普及しないのは上記の理由からも分かると思います。
設置するのに高額な費用がかかりますので当然消費者がそれを長年に渡って支払うことになるでしょう。
日本政府がボンクラであることによって日本人の消費者が損をするということになりますね。

 

一方頭が良い米国は非常に遅れた段階であっても方針を翻意して一般向けの5Gは中華式で行こうぜということになりました。
このフットワークの軽さは日本人には不可能でしょう。

 

また中国はそもそも最初から合理的な選択をしていて彼らが最も5Gを主導しています。
ですからあらゆる点において日本は中国に勝てないということが理解できるでしょう。
もちろんこれは5Gというネット回線の話であり全体のことではないでしょう。

 

しかしながら5Gのように全てにおいて日本が中国に遅れを取っているとしたら…恐ろしいことではないでしょうか?
米国ですらすでに中国に主導権を握られている分野が多くあるのです。
そのために今焦ってトランプ大統領が無茶なことを中国に言って経済的に優位に立とうと懸命になっています。

 

ところで日本は一体何を今しているのでしょうか?
今や日本は中国に付くのか?アメリカに付くのか?それともどちらにも良い顔をするべきなのか?
非常に政府のトップでも混乱というか、意見は分かれていると思われます。
しかし実質的には何もできていないので何も考えてないのも同然ですねw終わってますもう。

 

4Gで十分だ!十分だ!

そういうことで日本では20年に5Gが始まるかのようなことを言ってますがまだまだ普及しませんね。
こりゃ30年近くになってもおかしくないな〜って。

 

ですから今の4Gで十分ですし5Gを普及させるのは不可能ですから(費用が高い、中々設置できに、誰も使わない)
それと同時に4Gで対応できるサービスしか当面は使えないので4Gで十分ですね。

 

5Gスマホも自慢するには良いでしょうが全く使えない代物になる予定ですから(20年代前半は)、買わない方が良いが正解です!

 

そしてネット回線も5G対応のモバイル回線、家では光回線がマストなんて言われていますが使いみちがないので(笑)、全て4G回線で十分!ということにもなりますね。

 

ネクストモバイル 評判